Outokumpu


オウトクンプ株式会社







日本での活動

当社では1987年よりお客様のご要望にお答えするかたちで、輸入や国内での加工機能を付けサービスの向上に努めてまいりました。現在では切断加工をはじめさまざまな加工を国内の加工業者との連携により、お客様のニーズにお答えするよう努力しております。

オウトクンプ株式会社は、1987年にオウトクンプグループの販売会社として設立された、オウトクンプジャパン(株)より2001年1月のオウトクンプスティールとアベスタシェフィールドの合併により誕生したアベスタポラリット(株)の日本における販売拠点として2001年5月に分離設立されました。 当社のトルニオ工場の製品は、日本のお客様には1980年代より、1987年からはオウトクンプジャパン(株)を通して様々な分野で永年にわたりご使用されております。 その実績をベースに設立されました当社は、従来の製品に加え旧アベスタシェフィールドの様々な製品、例えば幅2000mmのコイルから製造される厚中板や4段圧延による厚板、耐熱鋼や高耐食性鋼種等の製品、また精密圧延品など様々な製品の提供をとおして日本のお客様へよりよいサービスをお届けする事を使命としております。 2004年4月には、再びオウトクンプジャパン社と統合しオウトクンプグループの日本での販売会社として、将来に亘って信頼できる良きパートナーとして日本のお客様のニーズにお答えできます様、努力いたしてまいります。

社長の吉田広邦は、1987年よりオウトクンプジャパン(株)にてステンレスの販売をいたしてまいりました。また1994年より同社の社長を歴任いたしました。